終わりのセラフ

ある日、突如として発生した未知のウイルスにより、大人たちが死に絶え、世界は滅亡を迎える。生き残った子供たちも地底より現れた吸血鬼たちに捕らえられ、血を提供する家畜のように扱われていた。そんな子供たちの中の一人、百夜優一郎はある日、百夜ミカエラたちとともに外の世界へと脱出を図るが、ミカエラたちは吸血鬼たちによって殺されてしまい、ただ一人、優一郎だけが外へと生き延びる。四年の月日が経ち、優一郎は日本帝鬼軍に入隊し、吸血鬼との戦いへと臨む。しかし、一方でミカエラは吸血鬼として蘇っていた。

聖地巡礼情報 Information

東京:渋谷・新宿など

ブログ Blog
コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment
聖地巡礼マップ情報 Map Information