時をかける少女

中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除をしていた時、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。その後、深夜に起こった地震で吾朗の隣の家が火事になるといった事件が起き、さらにその翌日には吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになる。だがその瞬間、和子はなんと時間を遡行し、気付けば前日の朝に戻っていた。突如過去に戻る力を手にした少女が時を駆け抜ける、爽快で青々とした初夏の物語。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment