異国迷路のクロワーゼ

19世紀後半のフランス、パリ。近代化の流れに乗り損ねた小さな商店街「ロアの歩廊」にある鉄工芸店「ロアの看板店」にて、長崎から奉公に出てきた湯音は働くことになった。文化も慣習も思想も全く違う異国で、湯音は困惑しながらも、若き店主・クロードやパリの人々との温かな出会いを通じ、一生懸命にその違いを乗り越えていく。商店街の家族になれるよう、毎日一生懸命奉公に励む湯音のひたむきな成長ストーリー。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment