博多豚骨ラーメンズ

第20回電撃小説大賞を受賞した、木崎ちあきの小説原作。福岡県・博多。一見平和に見えるこの街であったが、人口の3%が殺し屋と言われ、その裏には犯罪がはびこっていた。そんな博多に、殺人請負会社の新人社員である斉藤が左遷されてくる。一方、探偵をやっている馬場は、ある刑事の自殺についての調査の依頼を受ける。さらにその頃、別のところでは女装した殺し屋の林は、ある人物の殺しを頼まれ——。裏社会を生きる男たちの群像劇。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment