東京マグニチュード8.0

「こんな世界、こわれちゃえばいいのに」。現状に物足りなさを感じている中学1年生・小野沢未来が何気なくネットに書き込んだ一文は、マグニチュード8.0の海溝型大地震の発生により、現実となった。夏休み初日、弟・悠貴のお守りとして東京のお台場へロボット展を見に来ていた未来は、その未曾有の事態に直面し、弟と離れ離れになってしまう。レインボーブリッジや東京タワーをはじめ街の至る所が崩れるなか、お台場で出会ったバイク便ライダー・日下部真理とともに未来は、悠貴を探し、また生き延びるため、精一杯歩を進めていく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment