瀬戸の花嫁

瀬戸内にある祖母の家に遊びにきた中学生の少年・満潮永澄。ビーチで海水浴をしていたところ、彼は溺れてしまう。そんなとき、永澄を助けたのは人魚の少女・瀬戸燦であった。彼女のおかげで命をとりとめた永澄だったが、人魚にはある掟があった。それは、もし人魚が身内ではない人間に人魚の姿を見られてしまった時は、自分か相手のどちらかが死ぬか、もしくは見てしまった人間を身内にしなければならない、という掟だ。そのため永澄と燦は結婚することになるが……。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment