うどんの国の金色毛鞠

東京在住のウェブデザイナーである30歳男性・俵宗太は、父親の死に際し故郷の香川県に戻ったとき、実家の製麺所の釜のなかで眠っている子どもを見つける。だが、一見普通の人間の子どもに見えるその子は、実は人間の姿に化けたタヌキだった? かつては讃岐うどんの名店として知られた実家で、うどんと蛙が大好きなタヌキっ子と出会った宗太の、優しくて温かくて、少し変わった家族の物語が、いまゆったりと幕を開ける。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment