千と千尋の神隠し

両親と一緒に引っ越し先へ向かう途中、森のなかの不可思議なトンネルを抜け、未知の無人街へ迷い込んでしまった10歳の少女・荻野千尋。芳しい料理の香りが立ち込めるその街は、装いも姿形も様々な八百万の神々が存在する世界だった。本来人間が来ることは禁じられている場所で勝手に料理に手を出してしまった千尋の両親は豚にされてしまう。帰り道を失い消えそうになった千尋は謎の少年・ハクに助けられるも、元の世界に戻るため、強欲な老魔女・湯婆婆が経営する温泉宿「油屋」にて、奇妙な従業員とともに働くことになる。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment