ふらいんぐうぃっち

「15歳になったらひとり立ちし、家を出る」。そんな“魔女のしきたり”にしたがい、魔女の木幡真琴は、使い魔の黒猫チトと共に、青森県にある又従兄弟の倉本圭・千夏兄妹のいる一家のもとに身を寄せることになった。魔女たちが好む豊かな自然に囲まれながら、同級生・石渡なおや先輩魔女・犬養との出会い、姉である茜との魔法修行、喫茶店「コンクルシオ」との交流、さらには精霊や幽霊などの不思議な存在との関わりのなかで様々な表情をみせる真琴の、騒々しくも穏やかな日常のお話。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment