僕だけがいない街

いまひとつ売れない漫画家・藤沼悟は、「リバイバル」という特殊能力を持っていた。何か悪いことが起これば、その発生直前まで時間が巻き戻るその能力は、原因が取り除かれるまで何度も繰り返される。悪いことが起こらなくなるだけで良いことが起こるわけでもないその力に不満を感じる悟だが、ある日起きた事件をきっかけに、大きな変化が訪れる。過去と対峙した悟が知る真実、そして未来の姿とは?

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment