たまゆら

ちょっと内気で写真が大好きな女の子・沢渡楓は、父が遺したカメラでの写真撮影をもっぱらの趣味としていた。高校進学を機に、亡くなった父親が育った町である竹原へ引っ越すことになった楓は、幼馴染の塙かおると再会し、また同級生の岡崎のりえ、桜田麻音とも友達になる。そして4人は、それぞれのまだおぼろげな“夢”に向かって、一歩一歩、小さくともしっかりした足取りで進み、成長していく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment