あの夏で待ってる

高校1年生・霧島海人は、8mmカメラを片手に湖周辺の風景を眺めていたとき、突然差し込んできた空からの眩い光と突風にさらされ、湖に落ちてしまう。朦朧とする意識の中、思考が途絶える間際に自分の手を掴む女性を目にした海人だったが、目を覚ますと、そこは自室のふとんの上だった。戸惑いながらもいつもの日常に戻ると、高校に転入生である赤毛の少女・貴月イチカが現れる。海人はイチカに何かを感じて動揺するが……。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment