青い花

鎌倉にある女子高「松岡女子高等学校」に通うことになった万城目ふみは、入学式の日の朝、電車で痴漢に遭ったとき、同じく鎌倉にあるお嬢様学校「藤が谷女学院」に入った幼馴染・奥平あきらに助けられる。10年ぶりの再会となるあきらとの出会いに、その頃、恋人だった従姉・花城千津ふみの結婚により沈んでいたふみは泣き出してしまう。子どもの頃と同じようにふみを慰めるあきら。以後、二人は仲を深め、またそれぞれの学校で、友情と愛情に溢れる新生活を送っていく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment