海がきこえる

高知から東京の私大に進学した杜崎拓は、はじめての夏休み、同窓会のため故郷へと帰省する道中で、その高校時代を思い出していた。強い自己をもつ親友・松野豊、気が強く万事において優秀な武藤里伽子といったクラスメイトと過ごした日々。それは季節外れに東京から転校して来た里伽子との出会い、ハワイへの修学旅行、里伽子と2人で向かった東京への旅路など、ほろ苦くも懐かしい記憶。拓はかつての存在を振り返りながら、過去に想いを馳せていく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment