みツわの

京都への修学旅行中に出会った舞妓・一葉に憧れ、舞妓になることを決意した少女・一ノ瀬舞依は、反対する親を説得し、中学卒業後、再度京都を訪れるが、お世話になるはずだった置屋が急遽店を畳む運びとなったことを知らされ、途方にくれてしまう。だが、そこで偶然一葉に再会し、彼女の置屋「菊屋」の女将さんに紹介してもらえることに。そして入門の条件として課された試験に合格した舞依は、晴れて同じく舞妓志望の四十川翠や菊月莉子とともに、菊屋で修業することになる。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment