異能バトルは日常系のなかで

泉光高校二年生の少年・安藤寿来はいわゆる厨二病。文芸部に所属し、厨二な妄想をしながら暮らしていた。ある日、そんな彼ら文芸部の5人は「異能」という特殊能力に目覚める。が、目覚めただけで平和な日常は変わらず、学園バトルも秘密組織も特に現れない。その上、寿来の異能は湯たんぽ程度の熱さの黒炎を出せるだけ、というしょぼさ。文芸部のメンバーたちはそのせっかくの異能を無駄遣いしながら日常を送っていたのだが……。異能バトル&学園ラブコメ。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment