星界の戦旗

森岡浩之のSFライトノベル原作。「星界の紋章」の続編をアニメ化、星界シリーズ第2弾。宇宙で暮らす人類の約半数を支配する「アーヴによる人類帝国」に対して、アーヴではない人類からなる「人類統合体」を中心とした星間国家たちが起こした戦争。星界軍はそれに対し、人類統合体領打通作戦「幻炎」を発動。ラフィールは艦長として突撃艦「バースロイル」に乗り込み、ジントもまた書記としてそれに同行する。しかし、二人の上司はかつてラフィールが殺したフェブダーシュ男爵の妹・アトスリュアであった。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment