有頂天家族

遥か昔より、人に化けた狸と天狗が人間に紛れて暮らす千年の都、京都。この都に住む狸の名門“下鴨家”の三男で、狸界の頭領である父の血を最も濃く受け継いだ矢三郎は、生真面目な長男・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもる次男・矢二郎、臆病な四男・矢四郎と母に囲まれ楽しく暮らしていた。しかし、下鴨家は突如、偉大な父・下鴨総一郎を狸鍋にし命を奪った組織に襲われてしまう。徐々に明らかになっていく、謎に包まれていた父の死の真実。固い絆で結ばれた一家の命運やいかに?

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment