高杉さん家のおべんとう

博士号を取りながら就職先が決まらないオーバードクターの高杉温巳が三十路に突入した頃、突然弁護士から連絡が届く。その内容は亡くなった叔母の娘・高杉久留里を引き取ってほしいというものだった。かくして共同生活をすることになった2人だが、心を閉ざしがちな久留里と対人能力に乏しい温巳の関係はぎこちない。しかしあるとき久留里が出かける温巳のためにお弁当をつくってから、段々と心が通い始めて……?

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment