一週間フレンズ。

高校2年生・長谷祐樹は、人と関わらず、いつもひとりでいるクラスメイト・藤宮香織のことが気になり始めていた。募る思いに押され、友達になりたいと香織に伝える祐樹だったが、彼女には拒否される。それでもひたむきに話しかける祐樹と香織の間に僅かの親交が生まれたころ、「もう私に話しかけないで」と彼女は言う。戸惑う祐樹に、さらに告げられたのは、香織は、友達の記憶を1週間以上覚えていられない、という事実。ここから、何度も、何度でも1週間を繰り返す2人の、切なさとひたむきさが詰まった日々が始まる。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment