ひぐらしのなく頃に

夕暮れ時、ひぐらしの合唱が響く山奥の村、雛見沢。都会から離れたその地に越してきた前原圭一は、持ち前の明るさですぐに学校に溶け込んでいき、竜宮レナ、園崎魅音、北条沙都子、古手梨花といった仲間たちと楽しい日々を過ごす。しかし、この村では毎年開かれるお祭り「綿流し」の日に、一人が死に、一人が消えるという、不可解な事件が起きていた。村で祀る神“オヤシロさま”の祟りと言われるその事件に、好奇心から足を踏み入れた圭一の日常は、少しずつ、全てを巻き込みながら変わっていく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment