AIR

さすらいの人形遣いの青年・国崎往人は、「法術」と称される不思議な力で人々に芸を見せながら一人旅を続けてきたが、ある夏、全く稼げない日々の末、海辺の田舎町にてとうとう空腹で倒れてしまう。堤防で行き倒れている往人の前に偶然現れたのは、神尾観鈴という名の少女だった。いつもニコニコで明るく素直な観鈴と出会い、目つきが悪くぶっきらぼうだと評される往人の日常は、少しずつ、優しげに変わっていく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment