3月のライオン

中学生時にプロ棋士になった少年・桐山零は、交通事故で失った家族、自身を内弟子として引き取った幸田家との関係が過去に暗い影を落とすなか、現在は1人で暮らしつつ1年遅れで編入した高校に通っていた。だが周囲に馴染めず学校で孤立し、将棋の対局においても不調が続き戦績は低迷してしまう。自らに停滞を感じていた零は、ある日、先輩棋士に付き合わされた酒の席で酔いつぶれ倒れたところを近所の川本家の人々に介抱される。以後、交流が生まれた川本家の人々をはじめ、様々な人と触れ合うことで、零の心境は次第に変化していく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment