ちはやふる

競技かるたで名人になるという夢をもつ転校生・綿谷新に影響され、かるたを始めた小学6年生・綾瀬千早は、幼馴染の真島太一を巻き込み競う中で実力を伸ばし、またかるたの魅力にも引きこまれていった。しかし、優れた聴力をもつ千早の才能、そしてかるたを一緒にできる友達ができたことを喜ぶ新との道は、卒業後に別れてしまう。それから4年後、高校生になった千早は、新がかるたから離れてしまったことを知るが、それでもかるたを続けていればいつか再会できると信じ、太一と2人で、瑞沢高校にかるた部を設立する。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment