るろうに剣心

かつて幕末の日本には、最強の剣客として人々から恐れられた、伝説の男がいた。その名は“人斬り抜刀斎”緋村剣心。新時代「明治」の幕が開けてから歴史の表舞台から忽然と姿を消した剣心はいま、流浪人として全国を旅していた。自身の贖罪のため、また弱き者を救い真の意味での維新を成すため、“不殺”を誓い逆刃刀をふるう剣心は、ひょんなことから女剣士・神谷薫の道場に居候することになる。剣心の人柄や生き様に共感する仲間たちとの交流や宿敵との戦いを通じ、彼もまた新たな時代での生き方を模索していく。

コメント Comment
  • Twitterでログインすると書き込めます。(実験中)

Add comment